男の痰壺

映画の感想中心です

ジェーン・ドウの解剖

★★★★ 2017年6月10日(土) シネリーブル梅田3
イメージ 1
この監督の「トロール・ハンター」は見ているが、バジェットが大きくなれば堅牢な語り口を呈するあたり、ギャレス・エドワーズの筆頭後方走者と言える。
アンドレ・ウーヴレダル…覚えとこ。
 
黒魔術とか魔女とかってくれば、又かの感もあるのだが、そこに解剖っちゅう薬味が加わると映画は新鮮さを取り戻すんですなあ。
料理に似てます。
 
美術パートの踏ん張りで、ほぼCGには依存していないと思われる。
そのへんも好感度大だ。