男の痰壺

映画の感想中心です

22年目の告白 私が殺人犯です

★★★ 2017年6月18日(日) MOVIXあまがさき11
イメージ 1
オリジナルの「殺人の告白」を見てるので、驚きはない。
むしろ、この改変はどーなんかなーと思う。
 
【以下ネタバレです】
 
本篇で名乗り出る快楽殺人者的な真犯人はダミーで、更なる真々犯人が登場。
いわば、ドンデン反しを1個足したわけです。
ただ、どうも、ゲスな鬼畜男が真犯人だったっていう方が、そいつをブチ殺すときにカタルシスがあるんだわ。
中村トオル扮するキャスターはご立派すぎて言い訳がましい。
 
アホなカースタントが消えたのも寂しいね。
 
演出も何がどうということも凡庸さ。
入江悠もインディーズから出てきてTVドラマあたりに埋没してくんだろう。