男の痰壺

映画の感想中心です

椿三十郎

★★★★★ 1978年11月5日(日)  伊丹ローズ劇場
      1981年7月23日(木)  新世界東宝敷島
イメージ 1
天才は枷がある方が逆説的に良い仕事が出来る。キャラの2次使用と東宝コマーシャリズムの制約は黒澤から本来無いものを奇跡的に引き出し遊び代を拡大した。そして、上乗せされた権化のようなハッタリ根性が結実する一大殺人ショウ。黒澤ベスト作。 (cinemascape)