男の痰壺

映画の感想中心です

白夜の調べ

★ 1978年1月29日(日)  伊丹ローズ劇場
イメージ 1
栗原小巻もソローミンも決定的に色気が欠けているので、木偶の坊の惚れたはれたを延々と見せられて苦痛である。加えてロシアの風土がうそ寒く、日本は京都の風情までもが何故か沈鬱極まりない。時代錯誤な製作姿勢は撃たれて然るべきだろう。(cinemascape)