男の痰壺

映画の感想中心です

ナインイレヴン 運命を分けた日

★★★★ 2017年12月16日(土) 新世界国際劇場
イメージ 1
今更感がある題材に今更感のある役者。
食指がわかない映画なのだが、存外に良い。
それは、9・11という題材におんぶにだっこじゃないからだ。
ビル内のエレベーターに閉じ込められた5人の確執は、よくあるヒステリーとか自己愛とかでは語られない。
 
非情にベタだが、破綻した夫婦関係の回復の話で、それをチャーりー・シーンとジーナ・ガーションが演る。
もはや、1.5級感のある2人が、ここでは非常に良い。
正直、泣けました。
 
演出的にも煽情的なものはない。
まず、終盤まで音楽は一切使用されない。
限定空間が舞台なので、奇矯な撮り方もしたかろうに、オーソドックスだ。
そういうことは、実は自信があるやつにしかできないのだ。