男の痰壺

映画の感想中心です

婚期

★★★★★ 2018年1月7日(日) シネヌーヴォ
イメージ 1
嫁と小姑の間の軋轢という小さな世界が取り上げられる。
しかし、否応なしに映画は拡張して周囲の世界も取り上げてしまう。
その意図せざる、多くの些末な出来事の豊穣なことといったらない。
 
船越英二の亭主であるが、愛人1号・2号を囲いつつ、女房には言いたい放題。
高峰美恵子の長女は、バツイチでファッションデザイナーで愛人あり。
北林谷栄の家政婦は結婚歴3回で結局は血縁のない娘が一番可愛い。
 
中心軸の京マチ子若尾文子であるが、文子が攻めでマチ子が守りなのが新鮮。
 
宮川一夫の撮影が絶品で黒色の出し方に相当に意識的だ。
随所の俯瞰アングルも冴えている。
宮川・京・若尾の組み合わせは他に「ぼんち」や「女系家族」があるが、監督は3作とも違う。