男の痰壺

映画の感想中心です

女は二度決断する

★★★ 2018年4月14日(土) シネリーブル梅田1
イメージ 1
こういうことを言いたいなら、主人公の設定はどうにかならなかったのかって思う。
 
冒頭、刑務所に収監中の男と結婚。
男は出所後、悪行から手を引いたらしいが、それでも胡散臭い連中と付き合いがある。
女も体にタトゥー入れまくりです。
観る者に予断が発生するのだ。
 
相手もネオナチとのことだが、移民ぶち殺しまくりのクソ野郎どもであるとの描写は無い。
イケすかない男女ではあるが、キャンピングカーで海辺に露営してジョギングって健康じゃん…てことなんですわ。
 
【以下ネタバレです】
どうも、単純に復讐のカタルシスを描きたいのではないらしい。
1回目に思いとどまるのは、気が引けたか手法に疑義をもったか不明。
まあ、おそらく気が引けたのだろうが、そのあとに来るとめどない永遠の喪失感が心を蝕む。
もはや、この世を生きる意味も見出せない。
で、2度目の決断。
 
夫も真面目な移民。
妻も真面目な主婦。
そういう設定なら、描かんとするモチーフは、もっとダイレクトに沁みただろう。
 
ダブルフォーカスが多用されているが、好みじゃないんです。
パンフォーカスに比べてダサいと思うもんで。
まあ、いかにもドイツ映画らしい、融通のない四角四面さが身上とも言える。