男の痰壺

映画の感想中心です

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

★★★★ 2018年4月27日(金) 大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
【ネタバレです】
 
どうも予想外というかある意味裏切られた。
予告編で新規加入組があることは知っていたが、まあ顔見せ程度なんだろうと思っていた。
 
「ブラック・パンサー」
この3作のキャラは完全にド真ん中。
代わりに、キャプテン・アメリカ周りはブラック・ウィドウを含め後方に退いた格好です。
 
それでも良いとは思います。
だって、宇宙人や怪物や神様が入り乱れる戦いに生身のCアメリカやBウィドウが混じっても活躍の余地は無いのであります。
まあそれは、「アベンジャーズ」という企画が起動した段階から永遠のジレンマなんでしょうが。
 
監督も1・2作のジョス・ウェドンからキャプテン・アメリカシリーズのルッソ兄弟に代わった。
そのアクション演出のキレは認めるところであるので歓迎です。
地球での初戦。
サノスの手下3人とアイアンマン、ストレンジ、スパイダーマン組との戦いは、本作でもっともアクション演出が秀でたシークェンスだと思う。もう惚れ惚れするレベレです。
襲いくる巨大コンクリートを涼しげに片手で両断する演出は「ドラゴンボール」のフリーザみたい。
 
多くのキャラ群を捌くに、物語を3つのシークェンスに分けてキャラを分散させる。
それをカットバックしながら展開するので、スピーディーです。
であるが、それでも尚、若干の停滞感を感じるのは、ラスボスであるサノスのキャラ付け。
絶対悪ではない重層した複雑味を施されているのが、好悪半ばな感じだ。
 
終盤は相当にシラけました。
無作為抽出といいながら、消えるのは新規加入組ばかり。
ああ、次作ではオリジナルメンバー中心の展開なんでしょうな。
そいでもって、時間を遡行する石の能力でもってみんな生き返らせる。
まあ、そんな感じで当たらずとも遠からじでしょう。
 
アライグマのロケットだけは残った。
消すには惜しいキャラだったんでしょうな。