男の痰壺

映画の感想中心です

月夜釜合戦

★★★★ 2018年5月6日(日) シネヌーヴォ
イメージ 1
上映が始まり、16ミリフィルムの質感もだが、フィルム傷に堪らない郷愁を覚える。
朝の釜ヶ崎をチャリで走る主人公の女性を延々長回しで追う。
その、「場」の空気がダイレクトに伝わる臨場感はフィルムならではだと思う。
あえて、フィルム撮影に拘ったそうだが、正解であった。
 
釜ヶ崎を舞台に娼婦を描くといえば、思い出すのは田中登「㊙色情めす市場」。
釜ヶ崎を舞台に民衆の騒乱を描くといえば、思い出すのは大島渚「太陽の墓場」。
多くの、尖がった大傑作があるのであるが…
この映画は、そこまで尖がる気配もない。
 
娼婦を描いても濡れ場はありません。
地上げ業者に憤慨しても暴動には発展しません。
釜をめぐっての争奪戦っていうても緩ーいっす。
 
ただ、
娼館の夏の夕暮れのような寂寥感であったり、
十数年ぶりに会った幼馴染との会話の微妙な間合いであったり、
無人の職安のだだっ広い空虚であったり、
ギター爺さんの「無法松の一生」を初めてちゃんと聴いた喜びであったり、
 
なんやかんや、そういう細部が自走して醸し出す味や空気が突出しおとるんです。
そういう映画なんやと思います。