男の痰壺

映画の感想中心です

第二の母

★★★ 2018年5月19日(土) プラネットスタジオプラスワン
イメージ 1
1936年制作は、2・26事件の年。
簡易保険局と日活の提携作品で国策映画とされているが、そういうプロパガンダ色はうかがえない。
姉・弟物語であって、常道パターンである。
 
親のいないらしい2人。
親類の世話になっていたが、どうにも居づらく家を出る。
真面目な姉は内職で生計を立てるのであった。
ところが、美大生の弟はやってはいけないことに手を染める。
悲嘆の底で姉は結核に…。
まあ、ありがち展開です。
 
描法は手堅い。
プリント状態も良かった。