男の痰壺

映画の感想中心です

私はあなたのニグロではない

★★★★ 2018年5月19日(土) テアトル梅田1
イメージ 1
アメリカに於ける黒人差別史において、殊更に新たな括目されるべき何かが呈示された訳ではない。
 
冒頭、原作者であるジェームズ・ボールドウィンが言われたこと。
「何をそんなに悲観的になる?随分と良くなったじゃないか」(意訳)
 
確かに、おそらく良くはなった。
でも、平等には程遠い。
だが、映画の中に、これに対する回答があるわけではないのだ。
 
これは語り口の映画だ。
暗殺された3人の同時人への深い喪失感ゆえに内省的で鎮魂的。
俺は、このような透徹された作風を最近では1人だけ思い浮かべる。
2000年以降のゴダールがそれで、特に「愛の世紀」がずっと頭をかすめ続けた。
 
一方で多くのフィルムがピックアップされる。
特にシドニー・ポワチエの3作。
「手錠のままの脱獄」「夜の大捜査線」「招かれざる客」。
これらは、白人の望むべき黒人像を演じたとして否定的にとらえられる。
でもねえ、時代を考えりゃあ、精一杯だったんじゃないだろうか。
ちょっとポワチエが可哀そう。