男の痰壺

映画の感想中心です

おしゃれ泥棒

★★★ 1980年8月1日(金) 毎日文化ホール
イメージ 1
ピークアウトした妖精とマッチョレスな性格俳優では御伽噺は成立しない。ワイラーは鍵やブーメランで冗長なネバリを見せるがベッケルやメルヴィルになろう筈もなく、全篇緩みっぱなしのこれが、あの『ローマの休日』のコンビ作かと思うと切ない。(cinemascape)