男の痰壺

映画の感想中心です

逆噴射家族

★★★★ 2018年9月9日(日) シネヌーヴォ
イメージ 1
あー…やっぱ今更見る映画じゃなかったかも。
と見始めて、そんなことを思ったりもした。
色褪せ感というか救い難いズレ感が横溢する。
ATG大全集という企画で見たのだが、むしろ製作に長谷川和彦高橋伴明がクレジットされてるのを見ればディレカン色が強いのだろう。
 
コンセプトは映画が始まってほどなく見えてくる。
現状で社会を規範している「モノ」を破壊してリセットしないといけないということらしい。
ただ、それが小林克也のお父っつぁんのパラノイアと混合されて描かれているので指針が定まらない。
また、家族が徒に変人(特に息子と娘)なのも絵空事めく。
正直なんだかなあ~と思ったのであったが。
 
終盤、終わりかと思われた朝餉のシーンのあと、映画は急転回する。
石井聰互の揺るがぬ信念がスパークしたように感じた。
コンセプトは辛うじて貫徹されたのだ。
 
周りが変だと言ってる自分が結局一番変なのであった…が再周回し辿り着いた社会リセット待望論。類型的前半ではあるが老父の為に掘り始めた行為は逸脱してアナーキーな破壊に向かう。終息かと思えた後の顛末は『爆裂都市』を経た石井の力業で容認したい。(cinemascape)