男の痰壺

映画の感想中心です

幌馬車

★★★★ 2018年9月16日(日) プラネットスタジオプラスワン
イメージ 1
ジョン・フォードが自作で1番気に入ってると言ったとかっていうことだ。
それにしては、単線構造の小品なのだが、確かにエキスの結晶のようなもんとも言える。
 
主演の2人が出会うのが、
モルモン教徒の堅物開拓民一行。
バンディット一味。
旅芸人の3人連れ。
ナバホ族の襲撃。
そして、ガンファイトと恋。
…ってなわけで、エキスであります。
 
エキスは「駅馬車」と「荒野の決闘」からの再使用めいているが、インディアンとは融和路線。
蛇しか撃ったことがねえって言う主人公が、ここぞのところで鮮やかな早撃ちを見せる。
このあたり、後年の「シェーン」に影響を与えているかも。
 
この地味な小品映画で、それでも鈍色の輝きを感じるのは主役のベン・ジョンソがいいから。
ベン・ジョンソンって、俺の同時代的には「ラスト・ショー」や「ワイルドバンチ」のバイプレーヤー。
ってことなんですが、主役に据わっても味があって良いなあ。
彼は一家の中でもフォードに気に入られてたらしい。
一度、主役で使ってみたかったんでしょう。