男の痰壺

映画の感想中心です

港町紳士録

★★ 1979年8月4日(土) ダイニチ伊丹
イメージ 1
衝動も激情も悲嘆も全て「人情」世界の微温で塗り固める松竹伝統の呪縛に捕らわれ毒にも薬にもならないヘタレ作を連作した70年代『男はつらいよ』併映作の中ではマシな方かもしれない。吉幾三がアクが取れて悪くない味を出している。(cinemascape)