男の痰壺

映画の感想中心です

つかのまの愛人

★★★★ 2018年10月18日(土) シネヌーヴォ
イメージ 1
フィリップ・ガレルの映画は初見。
だが、脚本ジャン=クロード・カリエール、撮影レナード・ベルタってのは弩級の大所である。
 
これは、ニンフォマニアの女を愛人にしちまった中年男の話。
男は大学教授で女は教え子なのであるが、女の色情は冒頭の大学構内でのどっかの男とのSEXで開示される。
 
一方で教授の娘は、どうも彼氏にこっぴどく振られて追い出され、父親のところに泊めてもらいに行く。
そこで、同居する愛人の存在を知る。
 
このように、ネタはそろったわけだが、カリエールの脚本は簡潔で娘が訪れた段階で愛人は登場させない。
翌朝、寝起きで部屋から出てきた女と娘は顔合わせるわけだが、すかさず教授は仕事で外出。
 
言うたらこの映画、大したドラマはない。
というか、敢えてそこを避けている節がある。
 
俺が決定的だと思ったは、娘の元カレのところに荷物を引きとりにいく件で、「私が代わりに行ったげる」みたいな感じで女が行くと元カレがいた。思った以上に好青年で2枚目。
となれば、色情の血が騒いで、そういうことになっちまうんかと思ったが、何にもおこりません。
見る者は肩透かしを食うが、それでも安心して流れに身をゆだねるのである。
 
簡潔な省略が効いた脚本と、ソリッドなモノクロ撮影。
尖った意匠をまとっているが、基底にはロメールのように優しいまなざしがある。