男の痰壺

映画の感想中心です

★★★★ 2018年11月17日(土) テアトル梅田1
イメージ 1
銃を手に入れたとたんに、万能感に支配され身を滅ぼす。
ってモチーフは、大藪春彦とか始め繰り返されたモチーフで特に新しいもんでもない。
しかも、本作は銃に対するフェチズムも大して見られないし、人生変わってしまって破滅へ向かう悲愴もない。
 
悪漢をやっつけるでもなく、対象は死にかけの犬とかアパートの隣の部屋の子ども虐待女がいいところ。
まあ、ある意味それはそれでリアルだとは思う。
 
元来、主人公は親に捨てられ施設育ちで、それでも大学に通い、ダチに誘われればナンパに勤しむ。
授業はまあ、まじめに出て、でもバイトに明け暮れるわけでもなく、生活どないしてんねん的俗世からも隔絶してる。
虐待女に抱く怒りも内省的に沈殿し、いざやっちまうぞと思ったはいいが遂げられない。
 
こういう、ある意味しょーもない主人公を、演出はモノクロ映像で、それでも気取ることなく丁寧に描く。
ちょっと、そこが新しいと思った。
こういう手法で気障ったらしくないのは、たぶん人徳だと思うのだ。
 
終局の電車内のシーンでカラーに転調するのだが、ここは多分現実ではないとの見方でいいんだろう。
あまりに糞詰まり的展開ではさすがにしんどかったか。
でも、なんで村上淳をもってきたか?
親子共演が楽屋落ち的で少しシラケる。