男の痰壺

映画の感想中心です

ミレニアム2 炎と戯れる女

★★★ 2014年7月4日(金) トビタシネマ
イメージ 1
リスベットが主戦に躍り出たので脇から事件をウォッチするのでなはくなりキャラのカリスマが消失したし、前半を牽引する少女買春は具体的に描かれることなくインパクト乏しい。しかし、淡々として出張らない演出は手堅くて臭味なく臭い出自譚を脱臭している。(cinemascape)