男の痰壺

映画の感想中心です

彼が愛したケーキ職人

★★★★★ 2018年12月16日(日) テアトル梅田2
イメージ 1
これは、cinemascape のある方の評点をみて見に行ったが、本当に傑作であった。
今でも、俺の脳裏に異郷のアパートの部屋で孤独に打ち震える、がたいのデカい男の姿がよみがえるのだ。
 
【以下ネタバレです】
 
この邦題はイケてないと思う。
「私が」ならわかるが「彼が」ってのが違和感あるし、どうせなら「ベルリンのケーキ職人」とか「ケーキメイカー」とかにするべきで、わかるやつにはネタバレだろう。
で、案の定というか、そのケーキ職人が男だったので、ああゲイの話かってわかるのである。
なんか、しんどいなとか思ってみていたが、映画は、そこから転がりに転がる。
 
多くの2項対立が内在し、それが映画を突き動かして成立させている。
セクシャリティや宗教や言葉や文化など。
アウシュビッツを遥か彼方にみる現在、イスラエルから見たドイツってのはどう見えるんだろう。
…とか。
 
中盤で彼の出自が語られる。
そこから、一気に映画は見るものの内部に浸食し同化するだろう。
孤独ってのは、本人が気づいてないほどに哀しいものなのだ。
それでも、物事はうまく回り始めたかのような折の急転。
罵倒されしばかれた彼は1人部屋に残される。
そして、彼は初めて耐え切れす嗚咽するのだ。
孤独であったと自覚した瞬間である。
 
ラストの解釈は、どうなんだろう。
俺は、希望のあるものだと思いたい。