男の痰壺

映画の感想中心です

天使のはらわた 赤い教室

★★★ 1980年6月25日(水)  毎日ホール
     1982年10月13日(水) 関西学院大学学生会館大ホール
イメージ 1
1点の曇りない非情世界であり救われない奈美はただ転げ堕ちる。水原ゆう紀が最初っから墜ちてしまってるムードを濃厚に漂わせて世界に沈殿しており被虐感さえも最早無い。しかしラストの衝撃度はその退廃を地獄へと転倒させる。撮影が凡庸なのが惜しい。(cinemascape)