男の痰壺

映画の感想中心です

飢餓海峡

★★★★★ 1981年12月16日(水)  梅田東映ホール
イメージ 1
巨視的な空間と時間の連鎖の中で唯1日の出来事の追憶が全てを統御してしまうというロマンティシズムが根底にある。2人の瞬間的に調和した心根は異なるベクトルで延伸しクロスして消滅するが、その儚さはご詠歌とともに来世に託される。吐夢辞世の句だ。(cinemascape)