男の痰壺

映画の感想中心です

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

★★ 2019年6月3日(月) 大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
なんやねんと思った。
何がって、ラドンである。
キングギドラに歯がたたないとわかったら、手のひら返して軍門に下りモスラに襲い掛かりやがんの。
それで、ギドラがゴジラに負かされると頭を垂れて「へへーすんません」。
これじゃ、水戸黄門の三下ヤクザみたいなもんで、三文芝居も甚だしい。
 
この面子は「三大怪獣 地球最大の決戦」と同じであって、それって怪獣博士の異名をとった俺の幼少時の記憶でも、なんだかなーの出来具合なのであった。
であるから、所詮こんなもんなのかもしれんが、それにしてもダメなとこまでリスペクトせんでもと思う。
 
伊福部の音楽のアレンジも、どーも東宝映画ならしっくりくるが、合わないわー。
オキシジェンデストロイヤーも全然効かないやん。
そんなんやったら使わんといて欲しい。
 
俺は、ギャレス・エドワーズの前作を非常に評価するものだが、今回の監督がダメだと思うのは、ロングショットが無いんですわ。
リアルな風景の中の怪獣ってのがくすぐるところなのに、接写ばかりです。
「大怪獣総攻撃」とか「グエムル」とか、そのへん絶妙な映画で勉強して出直してこい…と思った。