男の痰壺

映画の感想中心です

最前線物語

★★ 1981年12月10日(木)  伊丹ローズ劇場
イメージ 1
戦争のポリティカルな側面ではなく末端の兵士の視点から描く…そこまでなら目新しくもないが、ここでは、それが日常の延長として提示される。極限の狂気は存在しなかったかのように、ダルな描写でダルな物語が綴られていくだけだ。かったるいの一言。(cinemascape)