男の痰壺

映画の感想中心です

COLD WAR あの歌、2つの心

★★★★ 2019年7月6日(土) テアトル梅田2
イメージ 1
男と女の腐れ縁を描いたもので、正直それ以上でも以下でもない気がしないでもない。
何年もにわたる、ついたり離れたりの変遷。
そこに2人の商売柄、いろんな歌曲が挿入される。
って「ラ・ラ・ランド」をちょっと連想したりもした。
 
そうは言っても、これは米ソ冷戦下のポーランドが舞台なので、正直そんなにお気楽な状況でもない。
場合によっては命にかかわることにもなる。
ただ、その状況を殊更フィーチャーしたようにも見えないのだ。
けっこう、亡命とかも簡単にできたように見える。
 
むしろ、意外なことに物語を起動させるのは、ポーランドに対する思い。
ヒロインが2度にわたり男のもとを去る。
1度目は亡命に誘われて男との待ち合わせ場所に結局、彼女は行かない。
2度目は公演で行ったパリで男の元に残り同棲を始めるが、結局、彼女はポーランドに帰ってしまう。
このへんの止むに已まれぬ心情を映画はピックアップしない。
寧ろ、彼女自身も自覚してない想いのように見える。
 
この監督の前作「イーダ」に続くモノクロ映像だが、構図の表現主義的なこだわりは減衰している。
そのへんも、多少物足りなかった。
ラストの風に1点加点する。