男の痰壺

映画の感想中心です

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

★★★★ 2003年3月27日(土) 梅田ブルク7シアター6

f:id:kenironkun:20220410034206j:plain

60年代風軽快コメディテイストを装いつつ家族離散の苦悩をマジで描くという、どっちつかずのコンセプトをタイトルからしてのゴージャスさと陰影深いカミンスキー撮影で縁取り纏め上げたスピルバーグの力業とも言うべきカルト作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com