男の痰壺

映画の感想中心です

映画感想【さは~さん】

山河ノスタルジア

★★★★★ 2016年5月21日(土) シネリーブル梅田2 バブルがもたらした軽薄と浅慮もまた過去に流れ死別や生き別れさえも瞬時の追憶と化するだろう。凄まじくシニカルだが堪らなくノスタルジック。親子の絆のようなものが描かれても現実にそれは断ち切られたまま…

3月のライオン 前篇

★★★ 2017年3月19日(日) MOVIXあまがさき7 何を期待して見にいったわけでもないし、案の定というか、何も突出してこない安定の無難。 この監督の映画を「るろうに剣心」→「秘密」→「ミュージアム」と見続けてきたのだが、まあ、永久に御用監督の域を…

猿の惑星 キングダム

★★★★ 2024年5月14日(火) 大阪ステーションシティシネマ4 専制的なゴリラが「ワンダフル・デイ!」とか言うCMを見て、見る前からお里が知れるわ思ったんですが、いい意味で裏切られた。佳作だと思う。 猿VS人間の構図は傍に追いやられて物語は猿内部の…

残酷ドラゴン 血斗竜門の宿

★★★ 2017年3月18日(土) シネヌーヴォ まあ、なんと言うか、武侠映画としての殺陣はもう、まるっきりトホホレベル。 ブルース・リー登場でカンフー映画が世間を席巻する数年前の作品であります。 ワイヤーの始祖とのことだが、そんなんあったんかいなっちゅ…

サバイバルファミリー

★★★★★ 2017年3月11日(土) TOHOシネマズ梅田10 一行が這う這うの体でたどり着いた大地康雄の農家で数十日ぶりに食べる炊き立てご飯の食事。 目玉焼きと漬物と味噌汁。 このシーンに観客の気持ちを同化させ得るかがポイントだったが…はい、同化しました私…

サンチャゴに雨が降る

★★ 1977年10月22日(土) ビック映劇 『アルジェの戦い』に自戒を篭めた仏映画人達の叩き潰された南米左派政権への共振。なのだろうが多分に時流追従めいている。叙情過多のスローモーションの垂れ流しはセンチ過ぎでポリティカルなことの本質から映画を遠ざけ…

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

★★★ 2016年9月23日(土) TOHOシネマズ梅田10 キャーキャー騒いで卒倒しまくる女の子たちは時代の抑圧の合せ鏡で我が物顔の今と比し何といじらしいのか等と余りの退屈さに要らぬ事を考えてしまう。丹念に映像を集めたライブ集成としてのハワード生真面目演…

サボタージュ

★★★ 2017年1月14日(土) プラネットスタジオプラス1 技法の突出はさほど無い。 しかし、越境感は半端無いと思う。 テロルは怨嗟や怒りに根差さない。 ただ騒乱を起こすためにある。 子供は死なないというコードは知ったこっちゃない。 当たり前に木端微塵…

サン・セバスチャンへ、ようこそ

★★★ 2024年1月19日(金) 大阪ステーションシティシネマ7 キャリアは終わったなと思われていたアレンにも救いの手を差し伸べる人がいたんや、ってことで取り敢えず良かったと思いますが、出来に関しては今一冴えないと思います。 浮気する妻との冷えゆく関…

さよならを言わないで

★★★★ 1976年11月23日(日) 大毎地下劇場 行き場のない刹那感に思い出はあくまで美しく縁取られ、やがて確実に来る終着点に向かって愛は昇華されていく。そして、美しい2人を、これ又圧倒的に美しく哀しい秋の佇まいが包み込むのだ。世の規範に背を向けてひ…

サンタクロースの眼は青い

★★★ 2023年8月28日(月) シネリーブル梅田2 ジャン・ユスターシュがゴダールから「男性・女性」の撮影で余ったフィルムをもらって作ったものだそう。同じような話に、ジャームッシュ「ストレンジャー・ザン・パラダイス」がヴェンダース「ことの次第」の余…

ザ・フラッシュ

★★★ 2023年6月28日(水) 大阪ステーションシティシネマ3 マーベルだDCだマルチバースだユニバースだとか最早ウンザリでいつまでやるねん思いますが、これは何か違うぞ的な評も多く見よかいう気になったんですけど、やっぱ似たり寄ったりでした。 超音速…

サリヴァンの旅

★★★★★ 2023年7月2日(日) プラネットプラスワン プレストン・スタージェス初見ですが、予想と違っていた、いい意味で。 篇中何度か大監督としてルビッチの名前が出る。それは、なんやろか、あっちはきっちりしたお名作を撮る巨匠で、わてはチャイまんねんで…

サンライズ

★★★★ 2023年3月19日(日) プラネットプラスワン 製作当時から現在に至るまで、途切れることなく高い評価を維持し続ける耐久力の高い映画だけど未見でした。今回やっと見ることが叶った。 で、思ってたのとは相当違ってた。 不倫を描いた物語の常として、妻…

砂漠の流れ者

★★★★ 1991年○月○日 テアトル梅田2 天涯孤独の復讐鬼が荒野で癒されていくのが娼婦と牧師という2葎相反な触媒によるという図式的構図はハマるが、結局、全ては時代の移ろいに押し流されちまうんじゃズルいと思う反面ペキンパーの思いが行きつくのは最後はそ…

猿の惑星

★★★★ 1999年6月19日(土) シネヌーヴォ梅田 猿メイクに感興は涌かぬが、断片から遡及され行く幻の如き失われし文明。唯一無二の完璧なるラストを含め、遠く『ミステリー・ゾーン』へと想いを馳せるサーリングの語り口が生命線。ロング多用の猿登場までの間の…

39 刑法第三十九条

★★★★★ 1999年5月15日(土) アポロシネマエイト5 『砂の器』を参照したというのも成程な最果ての地から時間を遡行しての情念。テーマとして新しくも無いものを、あざとさを恐れぬ今風演出でゴリ押しする確信性。そして、コンセプトに沿った演技者達は垂涎の曲…

サブリナ

★★★ 1996年1月13日(土) テアトル徳山Ⅱ コク落ちする食材でも逸品のレシピで手練れが撮ればそれなりのものにはなる。とは言えオードリーやボギーと比較されては誰だって可哀想。その絶対の元ネタゆえに許される。これはこれで安心して見てられるという意味で…

サラリーマン専科

★★★ 1996年1月3日(水) テアトル徳山Ⅱ 無難な出来だが妹が弟になっただけで『男はつらいよ』第1作と構成が実に似ている。ただし微温的で下品な破壊的パワーが全くない。今更の60年代のサラリーマン像を持ち込んで良しとする山田洋次の出がらしみたいなネタ…

ザ・メニュー

★★★ 11月28日(月) TOHOシネマズ梅田4 撮影と美術が秀でていてなんとなく満足感が得られたような気がするのだが、全てが浮ついていてどうってことなかったという、そういう新規オープンの器だけオシャレな飲食店ってあるよなと思わせる出来。 孤島にあ…

ザ・ロック

★★ 1996年9月16日(日) 徳山国際シネマ ジャンル定形の要素を並べただけでオリジナリティゼロなのにしてやったりの大見得を切る。パターン化したマニュアル通りの作劇には心底ウンザリ。劣化AIが作った代物めいて馬鹿なりにでも破綻してみろと言いたくなる…

ザ・ファン

★★ 1996年10月26日(土) 徳山国際劇場 野球フリークという新味がなければ役としても凡庸なのにデ・ニーロの変質演技が余りにルーティーンでウンザリだ。演出も一線を越えることに対して意識的でない。トニー・スコットであればマニュアルライクにこうなるだろ…

3-4X10月

★★★★★ 1995年2月12日(日) ACTシネマテーク 平素がどうであれ男達が有する内に秘めた怖さの突発的表出に対する既視感を繰り返しクローズアップ。わけてもたけし・渡嘉敷コンビの個人史に基づくリアリティが傑出してる。シュールな展開も脳内組成でない肌感…

ザ・ペーパー

★★★★ 1995年7月22日(土) シネマアルゴ梅田 スクリューボールなシテュエーションコメディの伝統を正統的に受け継いだオーソドックスの素晴らしさを再認識させられる。とは言ってもシーンの継ぎの巧さなんて意外なほどの凝り方。とにかくアメリカ映画らしいア…

三文役者

★★★ 2001年5月30日(水) ホクテンザ2 それなりに巧妙な竹中の泰司芸ではあるが素でシンクロしたと思わせる瞬間が確かにあったように思える。波乱万丈とまではいかぬ泰ちゃん人生にセットやメイクに拘泥せぬ緩い新藤イズムで対し自身の作品中心の展開でも手前…

ザ・ミッション 非情の掟

★★★★ 2001年10月11日(木) テアトル梅田1 目的のもと集められた集団が内紛したりの確執の代わりに緩い仲間意識からホモソーシャルな世界に至るジョニー・トーの起源。そこでは当然戦いも幾何数的な潔癖で語られる。SC内での攻防は静謐な厳格さで統御され、…

355

★★★ 2022年8月8日(月) 新世界国際劇場 華に欠けるとでも言いましょうか。主戦級の女優が5人揃ったんですけど。 華がなくても実があればですけど、エモーションが起動してアドレナリン噴出するようなプロットがないし、アクション演出も凡庸。 フェミニス…

さらば、わが愛 覇王別姫

★★★★ 1994年4月3日(日) 三越劇場 多くのドラマトゥルギーが帰結の予兆的萌芽を内包し物語を深化させる前半の少年時代が良いのは編年記の常。しかし、後段、愛に言及し仮初にも三角関係に展開の綾を託すにしては余りに躊躇が横溢し近代史の嵐の中で雲散霧消す…

PLANET OF THE APES 猿の惑星

★★★ 2002年2月1日(金)~2日(土) 天六ユウラク座 やけにオリジナルが名作に思えてくる奥行きのないお手軽世界。タメが無いからプロットは物語を進行させる為だけのものに堕す。特に人間に加担する猿たちの描写は全く納得性が無い。ティム・ロスの残忍やヘレナ…

三姉妹

★★★ 2022年7月9日(土) シネリーブル梅田2 三姉妹の露悪的とまで言えるキャラ付けが、力が入っていて一体物語をどう転がすかとの期待を抱かせるものではある。加えて彼女たちの各々の家族も概ねロクでもない奴ばかり。 こういうゲス野郎ばかりが出てくる映…