男の痰壺

映画の感想中心です

2024-01-01から1年間の記事一覧

ゴールド・ボーイ

★★★★★ 2024年3月25日(月) MOVIXあまがさき8 金子修介の映画をそんなに多く見てるわけでもないが、それでも敢えて最高傑作と言いたくなる出来で、世評は高いようだが話半分やろと思い、まあそこそこ程度くらいは行ってくれるんかいな、との何様な俺の…

ジャン=ポール・ベルモンドの 恐怖に襲われた街

★★★★ 1976年9月5日(日) 伊丹グリーン劇場 アメリカ製ポリスアクションに一歩も引けを取らない活劇の連鎖。飄々とスタントをこなすスターベルモンドが醸す余裕とユーモア。朴念仁的相棒デネとのコンンビネーションの味わい。それらを統べるベルヌイユの演出の…

パンと裏通り

★★★ 2017年2月18日(土) シネヌーヴォ タイトルバックがビートルズ(オブラディオブラダ)? っていうかイージーリスニング使用ってことなんやろう。 そういう、手近のもんで済ませた、まあ習作ですわ。 俺も子供のころに、犬に追っかけらえてトラウマにな…

大地震

★★★ 1975年1月6日(日) OS劇場 サバイブするドラマにまでは仕切れず翻弄されるのみの群像劇であるが、主役ヘストンが無為な抗災キャラに徹し切れないのがどうしたって弱い。白昼の災厄を描くハリウッド版ミニチュア特撮は正直、東宝版を凌駕する出来でガセ…

アトリエの春、昼下がりの裸婦

★★★ 2016年8月20日(土) 新世界国際 創作という作業にリヴェットやエリセ並みに真摯なわけでも当然ない。仄かといっていいモデルとの関係性にエロスも介在しない。だが煮え切らぬ三角関係は死へと向かう諦念めいたタナトスが浄化するだろう。そういう無常と…

高野徹 Toru Takano

生年:/// kenironkun.hatenablog.com

海の上のピアニスト

★★★ 2024年3月27日(水) 大阪ステーションシティシネマ6 俺はトルナトーレの「ニュー・シネマ・パラダイス」の情に浸るだけの作風が嫌いな人間なので本作も敬遠してたのだが,今回再映されるのを機にどんなもんやろかと見てみました。で、やっぱこのおっさ…

マリの話

★★★ 2024年3月20日(水) シネヌーヴォX 濱口竜介の作品に助監督として参加していた高野徹の初長篇作品、だそうだが1時間ちょいの中篇で、それが4つの掌篇からできている。 なんでも高野のインタビューを読むと、パリに留学中に幾つかの短編を撮り、その中…

奇跡の人

★★★★★ 2017年2月13日(月) 大阪ステーションシティシネマ8 構成が秀でているんだと思う。 サリバンが到着して初対面で即ガチンコが始まる。 有無を言わせぬ完璧な掴み。 クライマックス。 記号が概念と直結する。 世界の仕組みが一瞬にして明らかになる。 …

だれかの木琴

★★★★ 2016年9月12日(月) 大阪ステーションシティシネマ6 東としては80年代川上皓市と組んだ女を描いた一連作のテイスト復刻にも見えつつ主張しない女優を据えての奇矯話に周回した老成も感じる。平日の午睡のような平穏に包まれ偏執行為にのめりこむ主…

ペーパー・ムーン

★★★ 1975年6月22日(日) 阪急文化 グッドオールドデイズ的話芸がシネフィル的に嫌らしくも巧過ぎて見とれるのだが、如何にもな大人こどものテイタムには今いち馴染めない。コヴァックスのモノクロ撮影が時に水墨画のように素晴らしく、フォードなアングルで撮…

風に濡れた女

★★★ 2017年2月13日(月) シネリーブル梅田4 日活ロマンポルノリブート作なのだそうだ。 曰く、制約(何分か毎の濡れ場の挿入)さえ守れば何やっても良かった。 多くの業界人は述懐し、その歴史的意義に触れる。 少なからぬ傑作を残した…と。 まあ、過去の…

幸福の黄色いハンカチ

★★★ 1977年10月2日(日) ダイニチ伊丹 松竹大船の旧来型物語を驚嘆すべき細部のリアリティで絶妙に補完する山田の美質はメインの物語に於いては説明的な回想を値引いても尚効果的だが、武田・桃井のパートではリアリズムはベタついた作為に粉飾される。カメラ…

ライト/オフ

★★★ 2016年9月5日(日) MOVIXあまがさき1 瞬間芸に近いワンアイデアコンテンツなのに早くにはっきり見せてしまうのが今風でドライとも思うが作劇的に疑問。で結局それが全き貞子変奏バージョンと知れた先から二番煎じ感に萎える。回避法の説得性無さ…

ジャック・ターナー Jacques Tourneur

生年:1904/11/12没年:1977/12/19 kenironkun.hatenablog.com

DOGMAN ドッグマン

★★★ 2024年3月24日(日) Tジョイ梅田5 犬のブリーダーの父親に虐待されて何年間も犬たちの檻に閉じ込められて過ごした少年の実話にインスパイアされた作品だそうだ。 であるから、実話である少年期の話はまあ幾許かの手応えはある。だが、救い出された彼…

ファースト・オピニョン 伸るか反るか

去年の11月頃「なんか痒いなー」と後頭部をガリガリ掻いていたらでっかいフケが剥がれてきた。それに伴い粉状のもパラパラ落ちてくる。フケなんて20代の頃までは人並みに出ていたが、もう何十年もご縁のない代物であったし、何よりでっかいのが気になり…

恐ろしき結婚

★★★ 2024年3月24日(日) プラネットプラスワン ジャック・ターナー初見です。マニアックに評価されてる「キャット・ピープル」も見てません。B級のプログラムピクチャーを撮り続けてるなかで歪な個性が否応なく表出する、と言えば我が清順なんかが思い浮か…

揺れる大地

★★★★ 2017年2月13日(月) シネリーブル梅田3 ネオリアリズモの1篇と言われているのだが、煎じつめれば家族・一族の話である。 そのあたり。やっぱヴィスコンティやねと思うのだ。 この流れは「若者のすべて」を経由して「山猫」で結実するわけだ。 共産党…

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

★★★ 2016年9月23日(土) TOHOシネマズ梅田10 キャーキャー騒いで卒倒しまくる女の子たちは時代の抑圧の合せ鏡で我が物顔の今と比し何といじらしいのか等と余りの退屈さに要らぬ事を考えてしまう。丹念に映像を集めたライブ集成としてのハワード生真面目演…

幸せなひとりぼっち

★★★ 2017年2月12日(日) MOVIXあまがさき1 スウェーデンでめっちゃヒットした映画だそうだ。 何年か前にヒットしたフランス映画に「最強のふたり」ってのがあったが、あれと同種の何かを感じる。 すごく平易な作りというのもあるが、基本はいけ好かな…

爆走!

★★ 1974年6月2日(日) 伊丹グリーン劇場 邦題『爆走!』とつけた割にはワンシーンしかないショボいカーチェイスで、よくもまあってのが御愛敬ではあるが、アリステア・マクリーンの錯綜した原作を相当に未整理で展開するので意味わからない。主演2人もニュー…

ノック・ノック

★★★★ 2016年10月8日(土) 新世界国際 オリジナル未見なので『ひなぎく』風味な『フェア・ゲーム』に見える。潜在的ドM願望を刺激する物語性は文句のつけようもなく2人のビッチも頃あいの下品さでナイス。自己規範に雁字搦めの幸せなど木っ端微塵に破壊さ…

担へ銃

★★★ 1975年8月15日(金) 梅田地下劇場 後の『独裁者』で巨視的・複層的な展開を見せる題材としての戦争だが、芸としてのギャグが豊富ではあるにしても手放しでは笑い切れない。傍観者的ポジションでのアプローチであって未だ怒りの萌芽は無いのだ。当然サディ…

デューン 砂の惑星 PART2

★★★★★ 2024年3月20日(水) 大阪ステーションシティシネマ9 40数年前に「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」を見て興奮したことを思い出したりした。ワイプこそ使わないまでも他局面で錯綜する物語展開のスピードと、終局の運命論的に脱構築された神話性に於…

マグニフィセント・セブン

★★★★ 2017年2月9日(木) 大阪ステーションシティシネマ5 難易度が高い企画だと思うし、そもそもこんなの監督として手掛けたいと思うだろうか。 だって今更じゃん。 そういう意味でフークワは健闘したと思う。 全篇、テイストはもうレオーネ祭りの様相だ。 …

ボーダーライン

★★★★ 2016年8月20日(土) 新世界国際 エミリーからデル・トロへの主格転倒が唐突すぎるのでバラけて座りの悪さを感じるのだが、プロット毎の緊迫は濃密で半端ない。メキシコ奥部の麻薬帝国はカーツ王国めいて、その地獄巡りは『黙示録』のようだ。ブローリ…

マイケル・ジェイコブス Michael Jacobs

生年:1955/06/28 kenironkun.hatenablog.com

ブルージーンズジャーニー

★★★ 2024年3月18日(月) プラネットプラスワン 地に足つかない感じが如何にも70年代アメリカンニューシネマの裾野の隅っこ映画らしい。それは、長期化したベトナム戦争により疲弊し行き場を失った男たちを取り巻く気分とリアルだったんでしょう。本作の主…

12日の殺人

★★★★ 2024年3月18日(月) シネリーブル梅田3 映画が未解決の事件を描く場合、①独自の推測で犯人を想定する ②混迷し迷宮化する捜査に意味を付与して世界の混沌を提示する という大まかに2つの流れがあると思うのだが、本作はどちらも選んでいないように見…