男の痰壺

映画の感想中心です

ウェンディ&ルーシー

★★★★★ 2021年10月24日(日) シネヌーヴォX

f:id:kenironkun:20211024170329j:plain

ケリー・ライカートって知りませんでしたが、処女作が1994年ですからキャリアは20年以上なんですね。遅ればせながら知り得で良かった思います。

 

車で放浪する女性ってことで、今年の前半の話題をさらった「ノマドランド」を彷彿とさせるのだが、本作は2008年作、10年以上前に作られたものだ。

ただ、ロードムービー的な要素はない。通りかかった町での顛末を描いて彼女が去っていくとこで映画は終わる。

 

弱り目に祟り目、悪いことは重なる。

そういう映画で、もともとに家なし職なし金なし、車だけはなんとかあって、旅の道連れの犬もいる状態のウェンディであったが、何とか凌いで来た日々も一気に崩れていく。

映画は、それが何かの或いは誰かの所為とか言うつもりも毛頭ない。あるのは、局面に対して足掻く彼女への共感です。

そして、俺はケリー・ライカートのそういった善悪の平衡感覚に対して深く共振するものを感じるのであった。要は性に合うって事なんでしょう。

 

インディーズ的な制作基盤だろうことで、映像的な豊穣を全く期待してなかっただけに、色彩とか奥行きを感じさせる画面設計にも予想外に射られた。冒頭からのミシェル・ウィリアムスと犬が戯れながら歩く只ならぬ横移動だけで傑作と確信させる。

 

イカートの映画に惚れて自分から売り込んだというミシェル・ウィリアムスですが、今回彼女を見てて、この人イザベル・ユペールの後を追っかけるような存在になるんちゃうかと、そんな気がしました。

フォード・フェアレーンの冒険

★★★★ 1991年3月21日(木) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211023233203j:plain

何事も極めることで善悪の彼岸を越え透徹した境地に至る。グレイという低能毒まみれのエグキャラが統御されこれほどの佳作に仕上がったのは同レベルのバカハーリンと何かがシンクロしたからだ。そういう意味で映画史に於ける稀有なマッチング映画だ。(cinemascape)

 

ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

★★★ 2007年3月3日(土) 梅田ブルク7シアター2

f:id:kenironkun:20211017054927j:plain

長大な物語をブッタ切った感が拭い難い。それくらいにアラバスタ王国をめぐる王とクロコダイルの確執や王女ビビと家臣たちの物語を見たいと思った。前作『カラクリ城』よか数段マシだが原作読めでは甘えだろう。全ては脚色に非がある。(cinemascape)

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2

★★★ 1991年3月21日(木) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20211017045800j:plain

過剰なまでの情緒綿々さが拭い去られて1作目よりおもしろい…かもだが、張りぼてめいたラスボス登場の終盤は、やっぱり…感がもしや感を凌駕し反面安心感も覚えるという毎度馴染みの思考経路を踏襲してくれる。(cinemascape)

ジョン・カーペンター John Carpenter

生年:1948/01/16

f:id:kenironkun:20211017070801j:plain

 

kenironkun.hatenablog.com

 

kenironkun.hatenablog.com

 

kenironkun.hatenablog.com

 

kenironkun.hatenablog.com

 

kenironkun.hatenablog.com

 

kenironkun.hatenablog.com