男の痰壺

映画の感想中心です

沖縄やくざ戦争

★★★ 1990年4月15日(日) 日劇会館

f:id:kenironkun:20210715054008j:plain

『広島死闘篇』の大友勝利をバージョンアップしたが如き千葉真一のこのテンションだけでも一応は見る価値はあるだろう。しかし、他に何がどうということもない。沖縄返還に際しての悲喜交々の本土に対するアンチテーゼをこそ織り込むべきだったと思う。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com

 

ディパーテッド

★★★★★ 2008年11月22日(土) トビタシネマ

f:id:kenironkun:20210714204249j:plain

音楽使いのベタさの強度が懐かしい。ヤワとボンクラと出涸らしの役者をコラボレートしこれ又ベタな強度を発散させる。まさかの意外度で駆け抜けるスコセッシの本卦帰り。EV前の引き芝居の禍々しさは『タクシードライバー』の頃をも彷彿とさせた。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com

 

滝の白糸

★★ 1980年6月19日(木) 関西学院大学学生会館大ホール

f:id:kenironkun:20210714203226j:plain

戦前の溝口作品は数作品しか見ていないが正直どれも情緒過多で難儀する。古風的美男美女の新派調大悲恋劇から、それ以上の何かを汲み取ることは出来ない。後年の宮川が未だ不在というのもあるだろうが現存するプリントも劣悪過ぎるのだ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com

 

ライトハウス

★★★★ 2021年7月14日(水) 大阪ステーションシティシネマ

f:id:kenironkun:20210714195800j:plain

全体的に出たとこ勝負の感が拭い難いと思う。

それは、作り手が謎の解答や物語の帰結を了解したうえで見るものを煙に巻くんじゃなくて、作ってる方も何だかわかんないまま成り行きで物語が転がった風に見えるから。

って、俺が勝手にそう思ってるだけで綿密なロジックがあるのかもしれませんが。

 

いずれにせよ、そういうのが悪いわけでもない。観客が感情を寄せる何某かがあれば。

今作の場合それは、うっとおしい上司と缶詰状態で仕事せにゃならんシチュエーションの共感性で、わー絶対しんどそう的な微妙なリアリティが作劇を牽引する。

中盤以降、上司が怪奇タコ人間かと疑い出して精神的に追い詰められて崩壊していく。ポランスキーやコーエンなら常ならざるに一気に持っていきそうなところだが、アルコールネタで俗世に一旦ゆり戻す。

 

終盤、泥酔い塗れのゲロ糞尿と台風での家屋崩壊と浸水とでぐちゃぐちゃになる辺り。カタストロフィに雪崩れ込むに充分な畳み掛けだ。

でも、肝心なところを見せずにぼやかしたのが、やっぱ点睛を欠きますなあ。

見せない方が良かったってことも間々あるから微妙なんですけど。

その土曜日、7時58分

★★★ 2008年11月8日(土) 梅田ガーデンシネマ1

f:id:kenironkun:20210714064308j:plain

描きたいことが終盤に差し掛かり判明するにつれ、こういう手垢の付いた多元的時制の反復は不要だったと惜しまれる。直線構造でギリシャ悲劇のようなホフマンとフィニーの対峙が見たかった。それを為し得る2人だから。ルメット復調はガセだった。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com