男の痰壺

映画の感想中心です

コンテイジョン

★★★ 2011年11月12日(土) 大阪ステーションシティシネマ

f:id:kenironkun:20201118195903j:plain

デイモンの遣り切れなさやウィンスレットの遣る瀬無さといった多くの感情の行き場に帳尻をつけぬことで怜悧に状況の混沌を描くソダーバーグの群像処理は買うが、収束への過程が端折り過ぎで尻すぼみ。ロウの役もネットの今を捉え切れてない。(cinemascape)

この子を残して

★★ 1983年9月18日(日)  伊丹ローズ劇場

f:id:kenironkun:20201118195108j:plain

幼子を残し死にゆく親の手記ならば木下自家籠中の題材だろうし、そこに絞ればいいのに大時代なメッセージ性を加味してバラバラ。大体、永井博士は被爆で死んだのではないのだから根本的に構成に齟齬を来している。原爆投下後の長崎の惨状も無い方がマシ。(cinemascape)

ラビット・ホール

★★★★★ 2011年11月12日(土) シネリーブル梅田2 

f:id:kenironkun:20201115193710j:plain

失われた絆のドラマとして痛々しさが横溢し、実家や集会といった作劇上の付加要因も完璧に機能する。だが、真に斬新なのは加害者少年の在り方で、その錯綜する想いの絡まり合いが解れて提される微かな光明はJ・C・ミッチェルらしい優しさに満ちている。(cinemascape)

映画年間概観 2003

f:id:kenironkun:20201124194712j:plain

f:id:kenironkun:20201123195232j:plain

回顧2003-映画-


数えてみれば今年になって映画館で見た映画が103本。去年が180本超であったのだから激減した。一重に金が無くなり気力が減退したということなのだろう。思い出せば去年はオールナイトの3本立てによく行って、そこで本数を稼いでいたのだが、今年は数える程しか行っていない。
ベスト・テンを選ぼうと思ったが、日本の新作映画でどうしても10本選べない。肝心な映画を幾つも見ていない気がする。
仕方ないので、「CinemaScape」というサイトで5点満点で5と4をつけた映画を並べてみた。

 

★★★★★
『アレックス』『夜を賭けて』『8人の女たち』『めぐりあう時間たち』『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』『巴里の女性』『恋の秋』『夏物語』『柔らかい肌』
★★★★
『ピンポン』『無法松の一生』『アカルイミライ』『ノーマンズ・ランド』『ごめん』『007/ダイ・アナザー・デイ』『ピカソ 天才の秘密』『栄光のル・マン』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『ボーン・アイデンティティ』『タイガーランド』『やくざの墓場 くちなしの花』『シカゴ』『トリコロール 白の愛』『殺人に関する短いフィルム』『戦場のピアニスト』『勝手に逃げろ/人生』『シティ・オブ・ゴッド』『人生は、時々晴れ』『ダウン』『ターミネーター3』『犬の生活』『リディキュール』『座頭市』『28日後...』『春のソナタ』『私のように美しい娘』『恋のエチュード』『マトリックス レボリューションズ』『東京ゴッドファーザーズ』『赤西蠣太

 

キェシロフスキ、チャップリン、ルコント、ロメールトリュフォー等の特集上映は俺にとっては本当に宝箱であった。しかし、一方でブロックバスターな拡大公開と単館系の特集上映の狭間でこぼれ落ちたニッチな数多の映画群をからっきし拾えなかった。唯一『ダウン』を拾えたことが救いである。
2003年12月26日

幻魔大戦

★★ 1983年10月23日(日)  新世界国際

f:id:kenironkun:20201115192722j:plain

初期限定で平井和正を信奉することに吝かではなく石森のアプローチも同線上に沿ったもの。つまり異形のものの越境を経た孤絶感。しかし、大友は浪花節を拒否して無機的な別次元を志向する。りんたろう如きに巨頭達の采配が適うはずもない。(cinemascape)

ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

★★★ 2011年11月26日(土) 大阪ステーションシティシネマ

f:id:kenironkun:20201115041937j:plain

お庭の花壇のお花の陰からヌボーっと現れるジョージにスコセッシの気持ちは集約されている。肩入れし切れない取り留めの無さ。期待した快楽の編集リズムは無く、ポールやクラプトンとの確執も突っ込み無く表層に過ぎる。退屈はしなかったが。(cinemascape)

秋日和

★★★★ 1983年12月16日(金)  ビック映劇

f:id:kenironkun:20201115041247j:plain

『晩春』から10年の歳月を経て一巡した原節子の役回りが物語構造と同期した侘びしさが胸を打つ。3人組サラリーマン親爺のコンビネーションと岡田茉莉子の艶も完璧な配合度合いだが、結局笠の枯淡世界へと回帰する小津の終着点で集大成。(cinemascape)