男の痰壺

映画の感想中心です

No.10

★★★ 2024年4月15日(月) シネリーブル梅田4

何かを伝えるための奇想と、奇想のための奇想では根本的に違って、そのメッセージを読み取れるかどうかはともかく、何かを描きたい伝えたいとの思いが奇想という仮構に重みを与える。一方で奇想のための奇想は受け狙いの浅薄さが臭う。

アレックス・ファン・バーメルダムが言ってる制作動機は後者のようなのだが、見ててそうとも言い切れないとこもあり評価が悩ましい。

 

劇団内部の4名の男女を描いたものである。役者の男と女は不倫関係で、女の亭主が舞台監督、そしてもう1人初老の男優がいる。要は不倫をめぐる嫉妬やパワハラの話なのだが、微妙な逸脱味も加わって決して退屈なものではない。ブニュエルやハネケやコーエンやランティモスやみーんな逸脱した人間関係を描いてきたのであってバーメルダムもその戦列に加わる可能性はあったと思う。

 

過剰な行為を行ってしまった男は行き場を失う。その挙句に物語は大きくドライブしてしまって小学生の書いた奇想譚みたいになってしまった。これをスゲーって言うかしょーもな言うかは人それぞれなんでしょうけどね。

俺は独り言つ。こんな展開なら俺でも書けるわ。俺は俺なんかが逆立ちしても太刀打ち出来ないもんを見たいのです。

 

小劇団内での不倫をめぐるあれこれが搦手から微妙に逸脱し出すあたりまでは抑制された演出と熟練の役者たちが噛み合ってランティモスレベル。だが、逸脱の加速が向かう先が発想に窮した小学生みたいになるのはどうか。なのにドヤ顔で居直られたってネ。(cinemascape)

 

kenironkun.hatenablog.com