男の痰壺

映画の感想中心です

映画感想【あは~あん】

アレックス

★★★★★ 2003年2月10日(月) 梅田ブルク7シアター7 地獄絵図から遡行する閉じた時間軸がいつぞや折り返し、恒久の平安に至って開放される手法にアイデアではなく必然を感じた。圧倒的な筆力で語られる「劇」なる愛と怒りは表裏の関係であることを自問自答させ…

アマチュア

★★★ 2003年5月2日(金) シネリーブル梅田1 何かを得る為には何かを棄てないといけない。しかし、男は棄てたものを何時までも忘れることが出来ないのである。痛い映画だが、この頃のキェシロフスキは映画をモチーフとして使ったメタ構造を昇華させるトリッキ…

暗黒街の弾痕

★★★★★ 1993年9月8日(水) 第七藝術劇場 悪循環に止め処なく墜ちてゆくことに些かも情緒的でない。後世の多元的で錯綜した構成の『俺たちに明日はない』に比し初源的で単眼的なのだが、原理的な表現主義ショットが鋭利に冴えまくるのだ。『羊たちの沈黙』にも…

アメリカの友人

★★★ 2003年7月2日(水) OS劇場CAP 物語を正面から語れない典型的シネフィルの「ごっこ映画」でヒッチもどきの列車内サスペンス等パロディにさえなっていない稚戯の極みだ。しかし、不遇のホッパーを掘り起こしコッポラへと繋いだ慧眼などキャスティング…

暗殺

★★★ 1993年10月31日(日) 日劇会館 一派に汲みしない篠田のノンポリスタンスが共鳴したのであろうが、圧倒的に個性的な主人公を擁しながら断定的なハッタリがないので盛り上がらないこと甚だしい。時代劇なのにオール現代劇役者で主軸を固めた拘りも悪くはな…

アンダー・サスピション

★★★ 2003年8月21日(木) 新世界国際劇場 2人の大統領役者が腹芸合戦をする為に製作総指揮まで買ってでたにしては2転3転の面白みに欠け勿体ない。役者を立たせるなら演出も愚直なくらいが丁度いいのに中途半端に技巧を見せようとして煩わしい。ただ、ラスト…

アメリカの影

★★★ 1993年11月7日(日) ACTシネマテーク 撮影所システムに拠らないNYインディーズの始祖としての歴史的意義は認めるし実際16ミリや即興のヒリヒリ感を感じもするが、劇作に未だ旧来のシステムに捕らわれている面も感じる。いずれにせよ、問題を丸投げ…

雨に唄えば

★★★★ 1992年5月1日(金) シネマアルゴ梅田 芸としてのタップは圧倒的に堪能できるし、余りに有名なタイトルナンバーの場面は矢張り見ておくべきものとは思うが、毒気無く能天気で何より余りに直截なバックステージものに終始するのが少々物足りないし、長いの…

雨の朝巴里に死す

★★★ 1992年7月14日(火) シネマアルゴ梅田 愛と希望の果ての孤独と絶望と享楽と逃避の日々をハリウッドのコード規制の中でダラダラと描いて見せ切る手腕は認められる。しかし、敗北とも取れる終盤の帰着が余りにご都合主義。リズの濃厚なフェロモンは確実に俺…

甘い人生

★★★★ 2005年8月15日(月) 新世界国際劇場 これがイ・ビョンホンですか…確かに恰好いいっすな。ヨン様は理解を超えててもビョン様はわかる気がします。ただ俺としては、そういう男前野郎のプロモを技を尽くして淡々とこなすキム・ジウンも好きなんです。一塵の…

アビエイター

★★★ 2005年11月28日(月) トビタシネマ エキセントリックな人間を好んで描いてきたスコセッシの本道系譜上にあるものなのに、ムキ身のヒリヒリ感とは程遠い。ハリウッドの呪縛に捕らわれ既存文法の脂肪つきまくりの肥え太り映画。公聴会シーンが若干劇的だが…

アンジェラ

★★ 2006年8月19日(土) 新世界国際劇場 人は一旗揚げて万能感に支配されると、こういう妄想を思い描いてしまうのであろうか…。苦節の時代の自分を投影し天与の恩恵に授かり幸福を得る。人生はそんなに甘いもんじゃないってのはベッソン以外の全員が知ってい…

あふれる熱い涙

★★★ 1992年11月23日(月) テアトル梅田2 主線の話とサブストーリーが乖離し、しかも演出者の思い入れは明らかにサブの方にある。どっちについて行けばいいのか迷う。ルビーは神妙に演じているだけだが、代わりに佐野と戸川がここぞとばかりにグダグダ世界を…

Unknown アンノウン

★★★ 2007年5月12日(土) 新世界国際劇場 5人の男達の葛藤の関係が琴線に触れることもなく哀しいまでに謎解きの1点にのみ収束せざるを得ない展開に芸の無さを感じた。そして、謎解きも深淵でもなんでもない結果で安心だぜ!ってなもんでフラシュバックも安…

あるいは裏切りという名の犬

★★★★ 2007年6月9日(土) トビタシネマ 力作ではあるが、ベッケルやメルヴィルにではなくジョン・ウーにリスペクトは向けられている。綿々たる情感の垂れ流しは嘗てのフィルム・ノワールの栄光に対する汚辱でななかろうか。フランス人じゃないからどうでもい…

アポカリプト

★★★★★ 2008年1月14日(月) トビタシネマ ギブソンが偏執的なのは知っていたが、ミクロに凝結せずに良い意味で拡散し、中盤はコッポラのベトナムの帝国を越えてフェリーニの古代ローマに迫るかとさえ思われた。どうなるのかの終盤も意外な単線構造が凛々しく…

あるスキャンダルの覚書

★★★ 2008年4月5日(土) 新世界国際劇場 嘗て『ミス・ワイコフ』が孤独の果てに越境した地平は2キャラに分断され意味を失った。途中でどうも高尚な映画でも無さそうだと気づいたのだが、なら決定的対決のカタルシスへと導くのが常道だろうにそうもならず煮…

アフタースクール

★★★★ 2008年7月4日(金) 梅田ガーデンシネマ1 何がどうなるか行く先不明のグルーヴ感。ただ前半にあった曲がりなりにもの不穏な空気はやがてマニュアル的に滅菌されていく。又、唐突の誹りを免れない佐々木と大泉の確執は書き込み不足か。何かと詰めが甘い…

ある現代の女子学生

★★★ 2021年7月19日(月) テアトル梅田2 女子大生の日常のスケッチとしては、2年前に撮られた「パリのナジャ」がキャラ立ちした留学生をモチーフにして成功していたと思うのだが、こちらは対象が平凡な女子だし映画も凡庸な出来である。 ならば、もっと複…

アビス

★★★ 1990年7月15日(日) 新世界国際 金に糸目を付けぬ海溝描写には時折堪能させられるものの、行き着いたところが絶対神的異生物による人類救済となれば否応なくテーゼに於いて『未知との遭遇』との類似性を想起せざるを得なく、となればキャメロンの作家とし…

アメリカン・ギャングスター

★★★★ 2009年5月9日(土) トビタシネマ パラノイアなカリスマが出てこない等身大の『アンタッチャブル』。人より僅かに慎重なギャングと僅かに潔癖な警官の物語だが、最高級の役者と匠の域に達した演出で熟成バーボンのような味わい。終盤2人が初めて相対す…

アンドレイ・ルブリョフ

★★★★ 2021年6月6日(日) シネヌーヴォ 水や火や超常現象への拘りは未だそんなに際立っていない。これを見て「惑星ソラリス」がタルコフスキーの分岐点だったのだなと改めて思ったし、こういうプレ・タルコフタッチな土着的で政治的な混沌のクロニクルをもっ…

アラトリステ

★★★★ 2009年6月27日(土) 新世界国際劇場 行間を省いた叙事的な編年記体が惜しい。多くの登場人物がエピソードの表層をかすって行く。しかし、終盤の幾つかの挿話で浮かび上がる主人公の想い。人妻と友人の遺児へ報いを求めぬ真の男気に激烈に打たれる。美…

暗黒街の対決

★★★ 1990年11月18日(日) 日劇シネマ 何がどうなっているのかどうでもいいような話が延々と続いてしんどいところに、バタ臭い喜八演出が半端に遊んでしまって肩入れのしようがない。カルトだと言えばそうなのだろうが、少しは琴線に触れてくれないとと思う。(…

アパッチ砦

★★★ 2021年5月4日(火) プラネットプラスワン これと後に続く2作で騎兵隊3部作と言われるらしいが、やっぱこれは「黄色いリボン」「リオ・グランデの砦」とは異質である。 それは、カスター将軍率いる第7騎兵隊全滅という歴史的な大トピックをモデルにし…

アンタッチャブル

★★★★ 1989年12月31日(日) 大毎地下劇場 正攻法で成立する訳ない今更のベタ題材にデ・パルマはベタをもってベタを制すとばかりに天下の『ポチョムキン』ネタをモンタージュを解体してブチ当て、メソッドの権化デ・ニーロを配してコスナー・コネリーを引き立て…

アンナと過した4日間

★★★★ 2009年11月5日(木) 第七藝術劇場 死牛など末世なギミックと泥濘の工場でのレイプなど先鋭な描写に魅せられつつ、多くの同工異曲の映画的記憶との類似に失望する。しかし、終盤、主体に倒置したアンナが青い探照灯に照らされ、深遠な孤独が浮かび上が…

或る夜の出来事

★★★★ 1988年12月4日(日) セントラル劇場 大概な人生を歩んで来たのだろうと思しき野郎にだって男の矜持を見せる瞬間があるのであって、それに理解をしめす大富豪の義父がいたってことだ。アメリカンな理想郷はなんと真っ当なモラリズムであることか。殺戮と…

アバター

★★★★ 2010年1月9日(土) 梅田ブルク7シアター6 確かに宮崎的世界観であるが、細緻の極みの3D臨場感で具現化された生物・景観と兵器・機械の往還の前に殆ど気にならない。越境が反文明の自然信仰に帰する凡庸も、終盤バトルのクドさも許容するが、『モス…

暗殺の森

★★★ 1987年11月23日(月) 三越劇場 トラウマから逃げるためにファシズムに傾倒し命ぜられるままに暗殺に手を染める。そういう主人公の受け身人生が感情を排した観察眼で取り上げられるのだが、一方で耽美的な映像やデカダンな意匠にここぞとばかりに傾注する…