男の痰壺

映画の感想中心です

映画感想【あは~あん】

アバター ウェイ・オブ・ウォーター

★★★★ 2023年1月16日(月) 大阪ステーションシティシネマ12 前作から10数年が経ち今更の証文出し遅れ感があるし、しかも言うにことかいて5部作構想だと聞いてうんざりした。見んとこ思ってましたが「キャメロンを信じろ」との海外評とかもあって見まし…

あ、春

★★★★ 1999年1月23日(土) テアトル梅田2 父子の邂逅の物語が枝葉の部分が立ってラストに至り父と女達との物語にすり替わってしまう構造が不均衡とも思えぬほどに役者たちの充実度が目を見張る。委ねる境地に至った相米の懐で形成された山崎と富司・藤村のト…

アンダーグラウンド

★★★★ 1999年10月2日(土) みなみ会館 常識や倫理を微妙に逆なでし続ける圧倒的エネルギーと狂騒に為す術無く流されるのだが、それが国家が解体される混沌の民族史観と重なる酩酊。祖国と家族という2面的な喪失の哀感は太いシュールと熱いユーモアで上塗りさ…

ある貴婦人の肖像

★★★ 1997年5月24日(土) 徳山市市民館小ホール 強固な意志が有りそで無いよな成り行きに流されるヒロイン像であるし物語もドラマティックな展開がある訳でもない。自我の萌芽が糞詰まり的に感じるのは時代の抑圧が十全に描かれてないからかも知れない。曲者揃…

ある男

★★★ 12月5日(月) 大阪ステーションシティシネマ6 この世には理屈で割り切れないことがけっこうあって、何故そんなことをしたのか本人でもわからなかったりして、そういうのをテーマにした方が深いと思うんです。 種が開けてみれば「ある男」のやったこと…

雨あがる

★★★★ 2000年2月4日(金) ワーナーマイカルシネマズ東岸和田6 如何にもな黒澤的教条臭が鼻につく一方、主演2人の醸し出す夫婦の間に流れる空気の裏も表もなく互いを思い遣る気持ちの清々しさに心深く打たれる。ただ、小泉演出には1級の贋作を見たかのような…

アメリカン・ビューティー

★★★ 2000年5月8日(月) ユナイテッドシネマ岸和田4 骨法上ピースがきっちり噛み合わないもどかしさがある。現代家族の崩壊を描いたものではないと言われればそれまでだが、サブストーリーから現れた傍系人物が物語の締めを担うのではロジカルなカタルシスに…

アンカーウーマン

★★★ 1996年6月1日(土) 徳山国際劇場 業界盛衰譚を安定期の役者で無難に熟した以上でも以下でもないのだが師弟ものとして細部の尖ったリアリズムは蔑ろで恋する乙女の彼氏絶対観がヒジョーに安心。どっちにせよアメリカ映画であったことを心から幸いと思う。…

アムステルダム

★★★ 2022年11月1日(火) なんばパークスシネマ11 この映画の骨子は2つ。 第1次大戦で欧州に従軍した2人のアメリカ人がそこで1人の女性と出会い、束の間の共同生活を過ごす。男2女1のある種微妙な関係はトリュフォー「突然炎のごとく」を思い起こさ…

アフター・ヤン

★★★★ 2022年10月24日(月) 大阪ステーションシティシネマ8 チャイルドシッターロボのヤンが壊れて家族がどうなっていくかみたいな話かと思っていたら、ヤンの内面の記憶(=記録)を見て、あの野郎こんなこと考えてたのかと持ち主が驚愕する話だった。 そ…

嵐を呼ぶ男

★★★ 1995年1月28日(土) ACT活動写真館 本音を言えば裕次郎をカッコイイと思ったことは無くドラム合戦を歌で制するというのもズルイような気もする。ただ映画館が興奮の坩堝と化した伝説に高度成長黎明期のパワーを垣間見るのだ。そういう雰囲気は確かに画…

アルファヴィル

★ 1995年5月5日(金) シネマヴェリテ 大の大人のSF飯事。ハードボイルドに無機的な世界を描こうとしても否応なく愛に飢えたメンタリティが介入する。技術的にも中身の文明論にしても未だ稚拙。ゴダールにとって甘さに恥じらい無き時代と乾いて先鋭化する時…

アンブレイカブル

★★★★ 2001年3月30日(金) 梅田東映パラス 『シックス・センス』同様の孤独な魂の対峙と相克。超絶美技だった前作を完全に裏切るズッコケ展開なのだが、無駄にパワーアップした冒頭シークェンスを筆頭に何でもかんでも痛ましいまでの哀しみに満ち溢れさせてい…

アリゾナ・ドリーム

★★★ 1995年5月6日(土) ACTシネマテーク ダナウェイもルイスもよく肥えて弛んでおりアメリカンドリームの終末と残滓を体現して余りあるが映画まで弛んで感じるのはどうかと思う。しかし、一方で構成も場面の構築もきっちりしているので掴み所の無い茫洋感…

アメリカの惨劇 188人を私刑した男

★★ 1994年2月12日(土) 新世界国際劇場 数人殺したそのあとは殊更の葛藤もなかったのだろう。過ぎたるは無きに帰する。でも、だから何だって言うのか。これを再現ドラマで描く動機を理解できないし理解したくもない。ローバジェッドの泡沫フィルムの一群の中…

アモス&アンドリュー

★★★★ 1994年3月6日(日) 新世界国際劇場 大向こうを唸らせるようなものは無いオールドハリウッドな風刺喜劇だが、完全ブレイク寸前の実力ある2人の役者の四つに組んだ芝居を堪能できる。こういうものが、地方限定公開というニッチな公開のされ方で埋もれる貧…

アメリ

★★★★ 2001年12月10日(月) テアトル梅田1 繰り出される奇矯なアイコンとイメージの奔流に幻惑されるし、俯瞰的な説話語りが毒可愛いオサレ感を緩衝する。だが自閉から脱却し世界に自分を晒せとの問い掛けにアメリは終ぞ答えたように見えないのだ。『ザジ』か…

ありふれた事件

★ 1994年4月24日(日) ホクテンザ2 何もアンチモラリズムがいけないというわけでもないが、何かを撃つというベクトルでも持たせないとしんどい。一片の共感もわかない連中ばかりの話を自主制作の8ミリ映画に毛がはえたようなレベルで延々と見せら苦痛。(cin…

嵐の勇者たち

★★★★ 2002年2月14日(木) トビタ東映 くだらないと言えばこれほどくだらない脚本もないのだろうし、一種のお宝映画的に見ようとしても、そこまで振れ切ってないのだが、逆に言えば、それをここまで見せ切ってしまう演出力とキラ星の如きスターのパワーには恐…

アンダルシアの犬

★★ 1994年7月16日(土) ACTシネマテーク 眼球やロバの当時の衝撃は想像に難くない。背徳的で衝撃的で越境した描写には意味は有るし変革への里程標だ。ただ一方で100年持ちこたえる映画がある。これが『ポチョムキン』や『黄金狂時代』の3年後に作られ…

暗殺者の家

★★ 1994年7月16日(土) ACTシネマテーク 稚的なマクガフィンで映画的純度を粋化させたヒッチは先達者であると同時に分岐点に立った男だったのであり、そのことに充分に自覚を持っていたから敢えて『知りすぎていた男』を撮ったのだ。本作に関しては原型と…

アパッチ

★★★ 2022年7月16日(土) プラネットプラスワン アルドリッチの初期作だが、この翌年に傑作「ヴェラ・クルス」を撮ったことを考えると、今一凡庸さは否めない。 ジェロニモ投降から始まるアパッチ族斜陽の物語で、1人徹底抗戦を謳う男をランカスターが演じ…

アンビュランス

★★★ 2022年7月19日(火) 新世界国際劇場 マイケル・ベイにほとんど期待するものはないのだが、何だか評判いいみたいで若しかしたらの思いもあった。が、やはり所詮はマイケル・ベイはマイケル・ベイでしかなかった。 「俺は爆破のレシピを持ってるのさ」と…

アリ

★★ 2002年5月29日(水) 梅田ピカデリー1 「マルコムX」と「徴兵拒否」と「フォアマン戦」をトピックスとして並べただけで批評精神どころかリスペクトの念さえ感じられない。アリの対マスコミパフォーマンスと真摯な実生活とのギャップを埋める創造もなされ…

荒ぶる魂たち

★★★ 2002年6月3日(月)~4日(火) ホクテンザ1 「若き狂犬」とも言うべきルーティーンキャラを逆手に取ったような熱いようで冷めてる加藤雅也と『柳生一族』の錦之助も真っ青な松方の大芝居が対極的で面白いが、対立軸を次々ずらしてダラダラ引っ張りすぎ。長…

アレックス

★★★★★ 2003年2月10日(月) 梅田ブルク7シアター7 地獄絵図から遡行する閉じた時間軸がいつぞや折り返し、恒久の平安に至って開放される手法にアイデアではなく必然を感じた。圧倒的な筆力で語られる「劇」なる愛と怒りは表裏の関係であることを自問自答させ…

アマチュア

★★★ 2003年5月2日(金) シネリーブル梅田1 何かを得る為には何かを棄てないといけない。しかし、男は棄てたものを何時までも忘れることが出来ないのである。痛い映画だが、この頃のキェシロフスキは映画をモチーフとして使ったメタ構造を昇華させるトリッキ…

暗黒街の弾痕

★★★★★ 1993年9月8日(水) 第七藝術劇場 悪循環に止め処なく墜ちてゆくことに些かも情緒的でない。後世の多元的で錯綜した構成の『俺たちに明日はない』に比し初源的で単眼的なのだが、原理的な表現主義ショットが鋭利に冴えまくるのだ。『羊たちの沈黙』にも…

アメリカの友人

★★★ 2003年7月2日(水) OS劇場CAP 物語を正面から語れない典型的シネフィルの「ごっこ映画」でヒッチもどきの列車内サスペンス等パロディにさえなっていない稚戯の極みだ。しかし、不遇のホッパーを掘り起こしコッポラへと繋いだ慧眼などキャスティング…

暗殺

★★★ 1993年10月31日(日) 日劇会館 一派に汲みしない篠田のノンポリスタンスが共鳴したのであろうが、圧倒的に個性的な主人公を擁しながら断定的なハッタリがないので盛り上がらないこと甚だしい。時代劇なのにオール現代劇役者で主軸を固めた拘りも悪くはな…