男の痰壺

映画の感想中心です

アンカーウーマン

★★★ 1996年6月1日(土) 徳山国際劇場

業界盛衰譚を安定期の役者で無難に熟した以上でも以下でもないのだが師弟ものとして細部の尖ったリアリズムは蔑ろで恋する乙女の彼氏絶対観がヒジョーに安心。どっちにせよアメリカ映画であったことを心から幸いと思う。日本の女子アナだと眩暈を起こしそう。(cinemascape)