男の痰壺

映画の感想中心です

ジングル・オール・ザ・ウェイ

★★★★ 1997年3月2日(日) 徳山国際シネマ

とてつもなくくだらないワンアイデアのみでひたすら強引に引っ張りまくるのが一種清々しい。そう思って見てると終盤で意外にも境界線を越えてしまう悪乗りに現代に於けるシュールレアリズムのポップとの幸福なる融合の在り様を見た。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com