男の痰壺

映画の感想中心です

学校の怪談

★★★★ 1995年7月12日(水) 梅田劇場 プレーンな演出姿勢と応える子役達の演技には上質の児童映画の趣がある。今更感ありそうな古式床しいお化けにも衒いが無く正対している。クマひげのクリーチャーだけ香港映画みたくて今いちだが他のイメージは良い。ラスト…

昼顔

★★★★ 2001年3月7日(水) 動物園前シネフェスタ2 妄想人妻のマゾヒスティック白昼夢はドヌーヴの上の空とブニュエルの冷めた諧謔が交錯して巧まざる可笑しみを表出する。貴族階級のインポも下賤な活力も等分に否定され嘲笑に晒され挙句に訪れる平穏。そんな中…

JM

★★ 1995年7月2日(日) 高槻セントラル 何だか小賢しい癖に『ブレードランナー』の呪縛から1歩も脱け出せないという情けない代物で3大スターの競演といってもロクな見せ場をもらえないラングレンが気の毒だ。期待のたけしも柄じゃない。(cinemascape)

ティエリー・ポワロー Thierry Poiraud

生年:/// kenironkun.hatenablog.com

デスティン・ダニエル・クレットン Destin Daniel Cretton

生年:1978/11/23 kenironkun.hatenablog.com

ドン・コスカレリ Don Coscarelli

生年:1954/02/17 kenironkun.hatenablog.com

薔薇のスタビスキー

★★★ 2022年9月14日(水) テアトル梅田2 フランスの一大疑獄事件を扱ったベルモンド自身の企画だそうで、脚本に「Z」や「告白」のホルヘ・センプランは良いとして何故監督にロマン主義のアラン・レネを選んだんでしょう。コスタ=ガヴラスとかの方が良かっ…

サディスティック&マゾヒスティック

★★★ 2001年4月13日(金) シネヌーヴォ 良識人的風貌の小沼がSMという題材に傾倒する何かが露呈されたわけでもない。ただ真摯に付与の仕事に向き合ったのだとする中田の抑制には好感を持つ。谷ナオミとの邂逅シーンはさながら『インテルビスタ』のフェリーニ…

ザ・ペーパー

★★★★ 1995年7月22日(土) シネマアルゴ梅田 スクリューボールなシテュエーションコメディの伝統を正統的に受け継いだオーソドックスの素晴らしさを再認識させられる。とは言ってもシーンの継ぎの巧さなんて意外なほどの凝り方。とにかくアメリカ映画らしいア…

天国までの百マイル

★★★★ 2001年4月6日(金) パルシネマしんこうえん 巧妙な換骨奪胎であると同時にベタ泣かせの商業的陥穽には田中陽造だから落ちるようなことはない。何の個性も主張しない演出だがプロットの把握の仕方は的確。しかし、名手田村をもってしても、この貧弱ライテ…

バーベット・シュローダー Barbet Schroeder

生年:1941/08/26 kenironkun.hatenablog.com

スザンヌ・ランドン Suzanne Lindon

生年:2000// kenironkun.hatenablog.com

フォン・シャオガン Xiaogang Feng

生年:1958/03/18 kenironkun.hatenablog.com

ヘルドッグス

★★★★ 2022年9月16日(金) 梅田ブルク7シアター5 原田眞人の、このジャンルへの適合性を改めて感じた。といっても「リターン ハードバージョン」ぐらいしか見てないんですけど。それと、岡田准一の格闘技への拘りとビルドアップした肉体のリアリズムは、映…

恋する惑星

★★★★★ 1995年8月19日(土) テアトル梅田2 ミニマム世界のモノマニアックな語り口が村上春樹的であり、それを映像に定着させる技巧に於いてカーウァイは世界の先端にいたわけだが、一方でダサキュートさが遊びを生みタイト感を緩衝。先鋭的ショットの連続があ…

いつか来た道

★★★★ 2001年4月26日(木) 動物園前シネフェスタ2 一方的な愛や思い入れは疎ましい。他人同士であれば断ち切ることが可能であっても血肉を分けた兄弟となれば簡単ではない。しかし、兄の気持ちもわかる。こういう弟がいたら腹も立つだろう。イタリアンな濃い…

マスク

★★★ 1995年7月30日(日) 高槻セントラル 驚いて目玉や心臓が飛び出し外れた顎が床に落下し体が何回転も捩れて飛んで行く…カートゥーンアニメの定番ギャグをCG実写で再現。やったもん勝ちだとは思うしまあ楽しめるが結局は気の利いたトレース以上ではない。…

三木聡 Satoshi Miki

生年:1961/08/09 kenironkun.hatenablog.com

クロード・ミレール Claude Miller

生年:1942/02/20没年:2012/04/04 kenironkun.hatenablog.com

イ・ドゥヨン Doo-yong Lee

生年:1942/12/24 kenironkun.hatenablog.com

トラフィック

★★★★ 2001年5月1日(火) 梅田ピカデリー1 やってそうな連中を集めてのドラッグ・コネクションの川上から川下への3題噺だが、臨界線上でモラリティを堅持し、3原色フィルタ-且つドグマ由来のカメラ使いも嫌らしいまでに闊達。だが、メキシコパートの他の2…

東京裁判

★★ 1995年8月15日(火) 天六ユウラク座 裁判映像だけで十二分に歴史的価値があるだろうに何でもかんでも付け加え過ぎて散漫。アウシュビッツなぞの映像を筆頭に法廷以外のフィルムはどこかで見たようなのばっかり。記録映像に作家性をヘタに注入しようとした…

初恋のきた道

★★★★★ 2001年5月2日(水) OS劇場CAP 人を好きになるという1点だけを描き映画はここまで持たせられるものだったのかという驚きは絶えなき手法変革中毒イーモウの敢えての陳腐が皮相に倍加する。ツィイーちゃん可愛やは淡彩背景でピンク映えの色計算で無…

清水康彦 Yasuhiko Shimizu

/生年:1981/07/31 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

スティーヴン・シャインバーグ Steven Shainberg

生年:1963/02/05 kenironkun.hatenablog.com

アンドレイ・クラフチューク Andrei Kravchuk

生年:1962/04/13 kenironkun.hatenablog.com

逃走迷路

★★★ 2022年9月11日(日) プラネットプラスワン 「北北西に進路を取れ」の原型との話を何かで読んだような記憶がある。身に覚えのないことで追われるハメになる男の話であり、クライマックスの舞台にアメリカの有名景勝地を持ってきている点などモチーフと構…

アリゾナ・ドリーム

★★★ 1995年5月6日(土) ACTシネマテーク ダナウェイもルイスもよく肥えて弛んでおりアメリカンドリームの終末と残滓を体現して余りあるが映画まで弛んで感じるのはどうかと思う。しかし、一方で構成も場面の構築もきっちりしているので掴み所の無い茫洋感…

望郷

★★★ 2001年3月15日(木) 動物園前シネフェスタ2 もうパリが恋しくて堪らない郷愁は嵩じてタカビーパリジェンヌへの想いへ転化するのだが、埋没して漂流する自我を描いてきた近世の目で見ると余りに浪花節だし、掻き消される声の浪漫主義最高潮な大見得は博物…

江分利満氏の優雅な生活

★★★ 1995年9月15日(金) ACTシネマテーク 抑もサントリー広報に勤務し直木賞を受賞することが普遍人かという疑問はさておき、親や女房や子供のことにチマチマ悩む市井人を描くに喜八演出は奇想的手法を採らず好感。が、戦中派30代サラリーマンの鬱屈が理…