男の痰壺

映画の感想中心です

映画感想【の】

野いちご

★★★★ 2013年8月11日(土) 梅田ガーデンシネマ2 冒頭の「夢」こそ独表現主義的にエッジが効いてるが、物語が転がり始めても終ぞ大したことが起こらない。人当たり悪く妻が浮気した如き命題で大上段に構えすぎ、『第七の封印』同様若者が対置されるが如何せ…

野菊の墓

★★★ 1981年8月12日(水) トーエイ伊丹 聖子の溌剌と紙一重の精一杯さが木訥とも感じられ、桑原の下手っぴさも田舎少年の純朴さを醸し出す。ど素人の2人のテンションを一応見れるものにした澤井の端正な演出をこそ評価するべきだろう。格調に欠けるのも仕方な…

野良犬

★★ 1981年10月17日(土) 新世界東宝敷島 情念と言うには淡泊でハードボイルドと言うには骨子が無い。技法に対する確固たる信念もあやふやで完璧に風化しており、とりわけ球場に於けるモンタージュに至っては三流でしかない。現在に於けるこの映画の価値は俺に…

典子は、今

★★★★ 1981年12月2日(水) 伊丹グリーン劇場 微妙な題材だが、松山善三には裏表は無いようだ。全体を覆うさわやかさは偽善を感じさせず素直に希望だけを謳う。フィクションを織り交ぜた作劇にも救われた。当然あったしあるであろう辛苦は所詮当事者にしか分か…

野のなななのか

★★★ 2014年5月17日(土) 梅田ブルク7シアター4 冥界と現身の或いは過去と現在の更にはフィクションとノンフィクションの境界をクロスオーバーする崑流リアクション編集過多の大林版『田園に死す』乃至は『エロス+虐殺』だが、如何せんデジタルが易さとし…

ノーマ・レイ

★★★★ 1980年7月1日(火) ビック映劇 社会意識ゼロのノーマが徐々に問題意識に目覚める過程が男と女の惹かれ合う感情とリンクされ納得性ある展開。何よりレイノルズの可愛い子ちゃんだったサリー・フィールドの捨て身の変貌と題材が絶妙に同期してる。一期一会…

脳内ポイズンベリー

★★★ 2015年6月24日(水) TOHOシネマズ梅田3 小学生レベルの脳内会議を映画未満な演出で見せられる戴けなさを感じつつも、ヤケに毛糸帽子に執着する真木が微妙なリアリティを醸す。彼女が最後にたどり着く真理は成る程言えてるかもだ。西島のラ王M演技と吉…

野火

★★★★ 2015年8月26日(水) シネリーブル梅田1 南方の亜熱帯樹林がデジタルでクリアに捉えられ時に限りなく美しく戦線から離脱した孤絶感を弥増させる。軽い擦過音が聞こえた直後に人体破壊がもたらされる空からの掃射など細部が良い。野火や人肉食の扱いは…

ノクターナル・アニマルズ

★★★ 2017年11月18日 大阪ステーションシティシネマ12 強烈なタイトルバックであり、どんな寺山的ないしはリンチ的な世界が繰り広げられるのかとの期待がふくらむ。 映画は開巻ほどなく、小説世界がカットインされるのだが…。 暴力描写や緊迫感の生成はなさ…

ノスフェラトゥ

★★★★ 2015年11月15日(日) シネヌーヴォ 多分に比喩的な「海を渡って災厄が来る」というモチーフを「どや!」とばかりに仰々しくやるところがキュート。リアル廃墟な古城やそこに至る路程の描写がヘルツォークエッセンス満載。古典に敬意を表した静止画チッ…

の・ようなもの のようなもの

★★★★ 2016年1月16日(土) 大阪ステーションシティシネマ7 松山主線の物語としては凡庸だし景子も賑やかしに甘んじる。が、しかし伊藤克信が役の志ん魚とシンクロするサディスティック構造が映画にセミドキュ的感興を付与した。森田所縁の演者が1人2人じ…

のらくら

★★★ 1975年4月2日(水) 北野劇場 お決まりの浮浪者チャーリーの部分よりアル中ブルジョワに扮した部分の方が笑えるのは、明朗ギャグで最底辺から権力を穿つポーズより権力層内でのヒエラルキーをシニカルに露呈してみせる方が間尺に合ってるからだろう。これ…

ノック・ノック

★★★★ 2016年10月8日(土) 新世界国際 オリジナル未見なので『ひなぎく』風味な『フェア・ゲーム』に見える。潜在的ドM願望を刺激する物語性は文句のつけようもなく2人のビッチも頃あいの下品さでナイス。自己規範に雁字搦めの幸せなど木っ端微塵に破壊さ…

ノストラダムスの大予言

★★ 1974年8月25日(日) 伊丹ローズ劇場 『ゴジ・ヘド』から『日本沈没』を経由して至った70年代を覆う終末観を描いた掉尾作で、ゲテ趣向満載のオモロキモさは認めるが、「大予言」を物語的に再構築した訳でもないオリジナルエピソード羅列の促成作法で、丹…