男の痰壺

映画の感想中心です

NOBODY

★★★★ 1994年7月10日(日) 天六ユウラク

現代的病理を描くにあたり、余りにシンプルな構成が強度を付与している。心地良いまでに抑制された演技と描写。一方で活劇的オリジナリティもある。日常と非日常の境目は些細な切っ掛けで決壊する。そういう怖さをモチーフにして妥協がない。役者も揃ってる。(cinemascape)