男の痰壺

映画の感想中心です

あこがれ

★★★★ 2017年9月18日(月) プラネットスタジオプラス1
イメージ 1
あこがれのお姉さんが…
自転車で疾走しスカートがめくれ上がる。
テニスに興じてスコートがめくれ上がる。
と、まあ、少年の青いムラムラが炸裂するのだが、そこはそこ、何せトリュフォー先生ですから許されるみたい。
あろうことか、ぬくもりが残る自転車のサドルに顔を当てクンクン。
おっさんがやったらド変態です。
 
いずれにせよ、逆回しやってみたり、嫌いな野郎が撮った映画のポスター破ってみたりと処女作ですからやることが青い。
で、青いことが美点になってるんです。
本来、俺は青いもんを見るとイラーっとする。
なぜかというと、青かった自分を投影して居たたまれなくなるからだと思うんです。
でも、この映画は、一方で大人びた批評精神が確固として背後にあるみたいに思える。
そこが、トリュフォートリュフォーたる所以なんでしょう。