男の痰壺

映画の感想中心です

アデル ファラオと復活の秘薬

★★★ 2010年7月9日(金) 梅田ブルク7シアター6

f:id:kenironkun:20210228055633j:plain

冒頭の叙述的語り口から19世紀ロマン主義的展開を見せ始めるあたりが悪くもなく、米映画の低位な取り込みも目を瞑る。ギャグかと思えるオチが結構マジそうなのもベッソンの天然たる所以で今更何も言うまい。ルイーズ嬢の堂々たる居住まいが良い。(cinemascape)