男の痰壺

映画の感想中心です

水を抱く女

★★★★★ 2021年4月23日(金) テアトル梅田2

f:id:kenironkun:20210424042224j:plain

全く予備知識なしで見たので、その強引とも言える奇想譚への置換に戸惑いつつも、骨太な描写力に持っていかれる。

【以下ネタバレです】

新しい彼氏との出会いの場で金魚のでかい水槽が割れるのだが、決して巧いモンタージュでない。そんな程度で割れるか?と思う。

元彼の家に忍び込んで、自宅プールで泳いでる其奴を沈めて殺すのだが、いくらなんでも女性の力で大の男を死ぬまで水中に押し込めるってのは無理筋じゃないか。

 

とまあ、どうやろうと思う点も間々あるのに、1人の幸せにはなれない女の運命を徹頭徹尾なまでに神話チックに描いてやろうという確信の前には些細なことに思えてしまう。

クリスチャン・ヘッツォルトって初見ですが、昔のポーランド映画のような硬質のロマンティシズムのなかに否応ない政治性を内包した底知れなさを感じさせる。

この映画でも主人公の仕事を都市としてのベルリン史をジオラマを前にナビゲイトする職員としている。世界から隔絶されたのような博物館の静謐と歴史への遡及は、浮世離れたファンタジーにエッジを効かせている、