男の痰壺

映画の感想中心です

ベルーシ=ブルースの消えた夜

★★★ 1992年9月12日(土) 毎日文化ホール

f:id:kenironkun:20211212114003j:plain

黄泉の国から眺めるという体裁上、鎮魂的な静謐が支配するのは必然で、それを狂騒を旨としたベルーシの半生を描くに用いたのが良い。エピソードをある程度知ってた方が理解は深まったろうが、悲哀をこめた暗調の展開は捨て難い。余りに淡々としすぎだが。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com