男の痰壺

映画の感想中心です

キャッツ

★★★★★ 2020年1月25日(土) 梅田ブルク7シアター7

f:id:kenironkun:20200125203233j:plain

舞台は未見だし、楽曲も「メモリー」は耳にしたことがあるが他は知らない。

当然にストーリーもどんなもんかは知らなかった。コアな舞台ファンからしたら門外漢であります。

前評判は散々であったし、実際繰り返し見た予告篇は確かに違和感があった。

舞台なら、人間の演じる猫も約束事として脳内変換される。映画も、その線をゴリ押しする手もあったと思うが、CGを駆使して扮装を半端に溶け込ませてしまったので、猫というより猫人間になってしまった。なので、なんだか気持ち悪い。

 

が、オープニングの最初の楽曲がすすむにつれて、そんなことは気にならなくなった。

元来、俺はロイド・ウェーバーの旋律が大好きなんだと思う。

学生時代に見た映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」のサントラ盤のLPは耳にタコができるくらいに繰り返し聞いたもんだから、のっけの「ジェリクル・ソングス」から初聴にもかかわらずどストレートに入ってくる。

 

ジュディ・デンチイアン・マッケランジェニファー・ハドソンテイラー・スウィフトイドリス・エルバといった役者や歌手としての有名どころも出ている。

が、しかし、やはり図抜けているのは、それ以外の面子が繰り出すナンバーだ。

グータラ猫のレベル・ウィルソンのゴキブリ食いナンバー。

・雄雌ネコのドロボー猫と主役ヴィクトリアが繰り広げるナンバー。

・汽車好き猫が超絶タップを繰り広げるナンバー。

この3つはツボであった。堪能した。

総じて幕間的なドラマ部分がほとんど無い。ナンバー尽くしでダレる間もない。

 

選ばれた猫が毎年1匹天上に召されるという。

これが、このうえない至福とされているのだが、若い主役の猫ではなく、不幸な人生を過ごしてきたジェニファー・ハドソン猫が「メモリー」を歌って選ばれる。

現生もあの世も猫世界では境界がないってことだろうか。残酷で奥深いものがあるが、面倒なので考えないことにした。