男の痰壺

映画の感想中心です

酒とバラの日々

★★★★ 1994年9月7日(水) シネマアルゴ梅田

ジャンル映画としての前フリに過ぎぬ前半3分の1が矢張り甘い。しかし、後半急速に締まる。付かず離れず墜ちていく2人。だが、サイコパスな展開を避け死での決別もない予想外な終結と余韻。オーバーアクトのレモンに対し押さえたレミックが良い。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com