男の痰壺

映画の感想中心です

パニック・ルーム

★★★★ 2002年5月27日(月) 梅田ピカデリー3

『北北西』的タイトルも『フレンジー』的長廻しも今風なヒッチ風味で嬉しく、ウィティカーの男気に50年代アメリカンノワールの匂いを嗅ぐ。「パニックルーム」という如何にもな設定は後方に追われオーソドックスの安定感が好ましいスリラーの佳作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com