男の痰壺

映画の感想中心です

江分利満氏の優雅な生活

★★★ 1995年9月15日(金) ACTシネマテーク

抑もサントリー広報に勤務し直木賞を受賞することが普遍人かという疑問はさておき、親や女房や子供のことにチマチマ悩む市井人を描くに喜八演出は奇想的手法を採らず好感。が、戦中派30代サラリーマンの鬱屈が理屈で解っても心根ではピンと来ない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com