男の痰壺

映画の感想中心です

僕らのごはんは明日で待ってる

★★★★ 2017年1月7日(土) TOHOシネマズ梅田9
イメージ 1
後ろ向きで奥手なダメ野郎に可愛い積極女子が猛アタックという、男にとっての理想郷が描かれるのだが、原作者が女性なのが自慰行為的キモさから回避させている。
 
終盤で男が言う。
「俺はお前がいてくれたから変われたんや」
映画は、この言葉を形骸で終わらせないだけの細緻な描写をそれまでに積み重ねてきたと思う。
市井監督は極端にBGMを使わない。
2人の間の沈黙や間や呼吸を大事に慈しむような作風である。
それは、前作「箱入り息子の恋」から変わらない。
 
後ろ向きで奥手なダメ野郎に可愛い積極女子が猛アタックという男の理想郷だが「お前がいてくれたから変われた」を形骸で終わらせないだけの細緻な描写の積み重ねがある。市井のBGMを使わずに沈黙や呼吸の間を慈しむ作風。それは、前作から変わらない。(cinemascape)