男の痰壺

映画の感想中心です

アジョシ

★★★ 2011年12月10日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20201108082219j:plain

主人公と少女の関係が表面上ベタついていないのが救いなのだが、結局、心根ではメロウな野郎であることが嘘臭い。ゲスな兄弟とその配下の超プロなタイ人傭兵という敵キャラ配置も最早見飽きた感がある。警察の介入も半端。常に止めを刺す殺陣が若干新鮮。(cinemascape)