男の痰壺

映画の感想中心です

アバター

★★★★ 2010年1月9日(土) 梅田ブルク7シアター6

f:id:kenironkun:20210418201444j:plain

確かに宮崎的世界観であるが、細緻の極みの3D臨場感で具現化された生物・景観と兵器・機械の往還の前に殆ど気にならない。越境が反文明の自然信仰に帰する凡庸も、終盤バトルのクドさも許容するが、『モスラ』めいた土民描写にその程度かと萎える。(cinemascape)