男の痰壺

映画の感想中心です

画家と庭師とカンパーニュ

★★★ 2008年11月8日(土) 梅田ガーデンシネマ1

f:id:kenironkun:20210715070439j:plain

至高とまでは言わずとも、前半のこの田舎のアトリエの緑と空気と陽光と無為なダイアローグの応酬の調和は何かを現出させる寸前までは迫ったかに思えた。物語を語ることに従属した後半が惜しまれる所以だ。ロメールやリヴェットには未だ距離がある。(cinemascape)