男の痰壺

映画の感想中心です

ゲゲゲの鬼太郎

★★★ 2007年4月29日(日) 梅田ブルク7シアター1

f:id:kenironkun:20211010034127j:plain

打算と裏切りで世知辛い世を渡り歩くピカレスクな「ねずみ男」をこそ主人公にして欲しかった。大泉洋が役の解釈からして完膚無きまでにモノにしている。寛平・室井は遊び心が無い。終盤は西田がかっさらう。で、ウェンツ?俺はあかんわ。(cinemascape)