男の痰壺

映画の感想中心です

サンタ・サングレ 聖なる血

★★★★★ 2002年10月26日(土) 扇町ミュージアムスクエア

大空を舞う1羽の鷲が見下ろす人間界の寓話が象の葬式によって幕が開くというのが訳はわからんまでも一種の神話性を獲得し得ていると思う。それがごった煮的展開の果てにトラウマからの開放で収束するのが意外に整然として快感。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com