男の痰壺

映画の感想中心です

まあだだよ

★★ 1993年4月19日(月) 梅田劇場

これだけの提灯持ちに囲まれたお山の大将を演ずるには松村では線が細すぎる。又囲む連中も愚物にしか見えず、それが老年期の黒澤にダブって映画の存在自体さえも老醜の極みである。らしいと言えばらしすぎる遺作。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com